FC2ブログ

記事一覧

ソラリス

たまに見る番組があります。

Eテレの『100分de名著』です。

一冊の名著について、
25分×4回=100分で
伊集院光やゲストが
その内容を掘ってくれる。
お世辞にも読書好きとは言えない私にとって
ありがたい番組です。

たまたまチャンネルが合ったその日
取り上げられていたのは
スタニスワフ・レム『ソラリス』
その第3回でした。

おお!
ソラリス!!

結婚前、SF好きの夫に誘われて
タルコフスキー監督の映画を見、


原作を読み、


ジョージクルーニー主演の
リメイク版も見たという


私にしては珍しく
親しみのある作品が選ばれていました。

あの、わけのわからない感じが
なんとも言えず好きだったなあ。


というわけで、
『100分de名著 ソラリス』のテキストを
購入してみました。


その表紙にあったことばが

「わからなさを引き受ける」

「不可解を受け止めたその先にあるもの」

なんとなく、
ヒッポで求められている"ありかた"に
つながっているような。

河合隼雄先生の
「何もしないことに全力を尽くす」

酒井邦嘉先生の
「Be natural」

そして
我らが榊っちゃんの
「自然に」

これらすべてが
「わからなさを引き受ける」という柔軟さと
重なるような気がするのです。

久しぶりにまた読んでみようかな?

スポンサーサイト

コメント

私もソラリス見た記憶があるけど、よく分からなかった気がします。でも今なら少しわかるかも!また見てみようかな?

コメントの投稿

非公開コメント