記事一覧

always ただし映画の話ではありません



ヒッポファミリークラブのメンバーは
日常的に
多言語で語られる
オリジナルストーリーを流しています。

最近では、
洗面所、トイレ、キッチン、リビングなど
家の中のいろいろなところで
流す人が増えました。

ある日、トイレに入った時のことです。
その瞬間その空間では、
コンバインのシーンが英語で流れていました。

Daddy! You always tease me!

あっ、always なんだ!

ヒッポに参加してそれなりに長い私ですが、
この日初めて、
ここにあるalwaysの音を、
私の耳がしっかりキャッチしました。

日本語では
あぁーん。パパの意地悪‼️
となるこの部分、

アメリカで、
1ヶ月のホームステイを
エンジョイしているソノコちゃんが
コンバインの運転に挑戦した際、
パパの冗談に対して放った一言です。


それまで
alwaysをキャッチしていなかった私にとって
パパの冗談は、
このコンバインでの一回限りのものでした。

それがこの日
alwaysが聞こえて来たその瞬間、
目の前に一面の麦畑が広がり、
コンバインに乗っている
ソノコちゃんとパパの姿が見え、

そして、

私のカナダのパパのスチュアート
私のイタリアのパパのアロルド
マサユキのコスタリカのパパ
おトクちゃんのアメリカのホストママ

ホームステイの最中
すきあらば冗談ばかり言っていた
素敵な人たちの顔と思い出が
ソノコちゃんのアメリカのパパとシンクロして
浮かんできました。


always


ソノコちゃんのアメリカのパパも
私が出逢った人達と同じように
いつもいつも冗談ばかり言っている
楽しい人だったのね。


たくさんの出逢いを重ねた今だったからこそ
聞こえてきたalwaysだったような気がします。

辞書の中にあるのとは
また違った意味合いを持つ音として
聞こえてきたalwaysでした。



今日は今から青少年チームミーティング。

春のホームステイ交流の帰国報告会や
夏のホームステイ交流の準備合宿について
話し合うため
ヒッポの中部事務所に向かっています。


地下鉄でこんな広告が目に入りました。


ALWAYS FRESH.
きのうより、新鮮なワタシに会いにいく。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント